本真珠専門店 ヨコタパール
HOME > 花珠真珠とは

花珠(はなだま)って何?

花珠の本来の意味

【註:以下の文章で特別限定せずに『真珠』という言葉を使った場合は『あこや真珠』のことです。】

花珠という用語は、は古くから真珠業界の中で使われてきた言葉です。
浜揚げ(養殖を終えて貝から取り出すこと)された真珠のうち、ごく一部の特品クラスの真珠を花珠と呼びます。

具体的には真円(まん丸)・無傷・厚い真珠層の巻き・強い照り・そして程良い赤味を兼ね備えた真珠です。

明確な基準はありませんが、一言で言うならば完璧な真珠のことです

この場合の花珠とは、穴も開けられていない、貝から採り出したままの状態、
つまり無加工・未加工の真珠に対してのみ使われる呼び名です。

穴が開けられた時点でそれは花珠ではなくなってしまいます。

ですから本来の意味では「花珠のネックレス」というのは存在しません。
(ネックレスに使われている真珠は穴が開けられていますし、漂白その他の加工もされているため)


花珠鑑別書

近年、いくつかの真珠鑑定機関が独自に花珠の基準を定め、『花珠鑑別書』を発行するようになりました。

そして現在、花珠と言えば一般的には『花珠鑑別書が付いているもの』を指すようにさえなっています。

しかしいずれの鑑別書も、最初に述べた「本来の花珠かどうか」を検査しているわけではなく、ある一定の基準を満たした
真珠のグレード名として『花珠』という名称が使われています


花珠鑑別書は、最低限、ある一定の基準を満たしているというガイドラインとして機能している反面、本来の花珠とは
基準が異なるため、混乱を招いていることも事実です。


ご参考までに、花珠鑑別書の主な鑑定項目は下記の5項目です。
(鑑定機関によって多少基準は異なります)

【形:ラウンドであること】
【真珠層の巻き:厚巻きであること】
【照り:強い照りであること】
【傷:無傷〜微細傷であること】
【色:あこや真珠ならではの赤味があること】

これにネックレスの場合は連相(=ネックレスに使われている真珠同士の色と品質の統一)を加えて鑑定されています。


花珠鑑別書付きであれば上位数%?


本来の花珠を『花珠』とするなら、花珠の比率は全体の3%未満、場合によっては1%程度になってしまうかもしれません。

しかし『花珠鑑別書が付いている製品』の流通量は相当数に上り、全体の数パーセントということは決してありません。

真珠を扱っているお店の多くが「花珠鑑別書つき」の製品を販売していることからも流通量の多さをうかがい知ることが
できます。

広告などで、『花珠鑑別書つき』の製品を『その年の浜揚げの上位数パーセントの希少な真珠』として紹介しているのを見かけ
ますが、これは『花珠』という言葉を辞書などで調べると、冒頭に書いた本来の意味が出てくることによる語弊です。

実際には上位数パーセントの真珠が普通の価格帯で流通することまずありませんし、あちこちのお店で扱われるほど
量も多くはありません。



花珠鑑別書付きでもいろんな価格の商品がある理由


同じ鑑別機関の花珠鑑別書がついていて、同じサイズのネックレスでも、お店によって、あるいは同じお店でも商品によって価格が
違っています。

これは、鑑別機関が定めた基準を超えた真珠すべてに花珠鑑別書を発行しているためです。

基準をすれすれで通った真珠にも、基準を余裕で通った高品質な真珠にも、同じ鑑別書が添付されています。

品質が違えば原価も異なり、その結果、販売価格も違ってきます。

店舗の経費、人件費などの経費を抑えることで価格を抑える企業努力はある程度できますが、経費の差で埋まりそうもないぐらい
価格に差がある場合は明らかに品質の差です。

逆に、より経費のかかっていそうな大型店の方が価格が安い場合などは言うまでもありません。

また同じお店の中で同じサイズでありながら価格が異なっている場合は、高い方が品質が良いはずです。

最近新しく出てきた『オーロラ天女』『オーロラトリプルオリエント』は、これまでの花珠鑑別書よりも少し基準が厳しくなって
いますが、基準を満たした真珠の中での品質の違いはありますので、同じ天女の鑑別書付き、同じサイズでも販売価格は
品質により変わります。

卸だからものすごく安いということもありません。品質の良い真珠は卸段階でも立派な価格で取引されています。

例えば、ヨコタパールの花珠鑑別書つきネックレスは、催事などに出ている商品に比べると比較的高めのお値段だと思いますが、
決して同じ物が高いわけではありません。良い品質が備わっていてこその価格です。催事のチラシに載っている価格では仕入れが
できないくらいです。


もともと真珠には鑑別書を添付する習慣はなく、
販売店の保証書のみ添付されていた


ダイヤモンドなどの鉱石系の宝石と違い、真珠は貝が作るという不確定要素が多いため、非破壊のまま科学的な鑑別を完璧に行う
ことができません。

その真珠がどこで採れた真珠なのかということは鑑別できませんし、ダイヤモンドのように鑑別書を頼りにして、世界に1つだけの
真珠を探し当てるということもできません。

ひとたび同じ品質の束の中に戻してしまえば、そこから鑑別書を頼りにしてその1本を探し当てることは、プロでも不可能です。
特定の一粒もしくは一本を探し当てられるほどの項目は鑑別書には載っていません。

更に、驚かれるかもしれませんが、あこや真珠と南洋真珠の鑑別(見分け)も完璧にはできません。

価格競争が激化している昨今、この真珠の鑑別書の隙を突いたような製品も出てきています。具体的には鑑別書に記載されている
真珠とは別の真珠が送られてきたり、南洋真珠をあこや真珠と偽って鑑別書を取得し、あこや真珠の大珠として販売するなどです。

鑑別書が普及した今も、その真珠を仕入れた人間の信用が全てと言っても過言ではありません。

鑑別書は必須のものではなく、販売店が独自の判断で、あくまでも参考として取得しているものです。

鑑別書がないからと言って怪しげな商品ということでは決してありません。花珠鑑別書が取得できる品質であっても鑑別書を取らず、
販売店の保証書のみを付けて丁寧に売られている真珠もたくさんあります。

鑑別書の有無以前に、自社でしっかりと真珠の品質を見極められるお店で真珠を選ぶことが、真珠選びでは最も大切です。


参考リンク


・「花珠」の表記に関する注意喚起−日本真珠振興会のHP
・花珠鑑別書つきネックレス−ヨコタパール

本真珠専門店 ヨコタパール

本真珠専門店 ヨコタパール

有限会社 ヨコタ パール
〒650-0013
 兵庫県神戸市中央区花隈町5-21
花隈ダイヤハイツ1F
TEL.(078) 380−0209
  FAX.(078) 362−0136


WEBサイトマネージャー:横田 伸之
E-mail webmaster@yokota-pearl.co.jp